• |  山国町の梨農家の日記  |

  • 午後4時、体感12℃。

    午後4時。暖かい気温のおかげで仕事が大いに捗った。終日曇りの予報であったが陽射しもしっかりあってこれも助かった。午後の気温は13℃あったかもしれない。経験上5℃以上あれば指は動き、15℃を越えれば羽虫がうるさく飛び回るようになる。経験上、冬の装備で7℃〜12℃がおそらく最も効率が良くなる温度ではないだろうか。ようやく山国の厳しい冬を乗り越えた気がする。

    午後4時、体感12℃。

    Location

    山国梨棚豊水幸水園

  • 日田市の梨棚。

    午前中、急用があって日田市へ向かった。帰路、ほとんど気紛れに師匠の家を訪ねると、師匠は梨棚にはおらず溜め込んだ経理に追われている最中だった。師匠の家のまわりには近隣梨農家の梨棚がまとまってあり、もちろんその中には師匠の園もある。ここで研修していたのは3年前。早いものでその頃、改植を始めていた流線園が3年を経て棚全体の改植を終えていた。棚を区分けして改植するのはひとつには大変だからだが、収穫量を維持する目的もあるのだろうと思う。苗の根元には土が高く盛られ、教科書通りの植え替えなのは見ていて羨ましい。予算的にも労力的にもとても真似できないからだ。一本づつ、ごく少量を自分ひとりでやるしかない山国梨棚とは大きく違う。

    日田市の梨棚。

    Location

    日田市小野地区梨団地

  • アーモンドの実。

    夏に採り残したアーモンドの実だ。巨大な種に驚くが、これは殻。殻を割ると中に見慣れたアーモンドが入っている。ということはアーモンドの収穫は殻割り作業ということになり、それは大変な作業だろうと思う。大規模なアーモンド農家は機械化されてはいるのだろうけれど、梨棚の隅で数本だけ育てている農家は手作業しかない。1日の作業が終わり、隣家の農家さんと立ち話をした折、アーモンドの花の話題になり、それでアーモンドの実を撮らせてもらった。この人は熟練した梨農家で梨品評会の受賞経験も豊富。いつもいろいろと教えを授けてくれる方だ。

    アーモンドの実。

    Location

    山国町梨団地

  • 新しい法面。

    新しい法面の土台だ。終日雨の予報のため重機にはブルーシートがかけられ人影はない。すれ違う車両は猟師の4駆だけ。山の上はあるいは降っていないかもしれないと期待したが、雨は強くなるばかりだった。これだけ降るとせっかく造成した法面が崩れないかと心配になる。工事にあたっていた農業公社の作業員は、今日の雨を見越して遅くまで頑張っていた。毎年、剪定の時期がくるたび排水路に溜まった泥を掻き出す作業をやっていたが、今年からしばらくは重労働から解放されそうだ。今年の夏、また線状降水帯が発生しなければよいが、山体のどこでもが川となってしまうあの強雨ではどうだろう。工事はいましばらく続く予定だ。

    新しい法面。

    Location

    山国梨棚豊水幸水園

  • 蛇口ホースの氷。

    水道の蛇口を開くとホースから氷がぞろぞろと押し出されてきた。1月には毎朝こんふうだったが、2月は暖かい日が続いて久しぶりに見た感じだ。気温がもっと下がると水道の蛇口が回らなくなり、そばの排水路から僅かな山水を金属容器に掬って保護剤を溶く水にする。排水路から水を取る場合は注意しないと沈殿した泥が薄く溶け込む。それほど気にすることはないのかもしれないけれど、滅菌のための保護剤だから透き通った水を使いたい。今年は1kg入り保護剤をもう3本使い切った。剪定が終了する頃には4本目が空になっているかもしれない。

    蛇口ホースの氷。

    Location

    山国梨棚豊水幸水園

  • 法面工事。

    法面の工事中だ。隣の豊水園とこちらの豊水園との間を走る排水路に、僅かな平地をつくろうとしている。大雨が降ると法面が崩れて溝を塞いでしまうのだ。去年の線状降水帯で酷いことになったから、法面を削り取って流れ込む土砂を抑えようというわけだ。削った土の中には、土を止めていた大木が寝かせてあり、これを集めて焼いてしまうだけでも大変な作業となった。こちらとしてもただ傍観しているわけにもいかず、新たに切り倒した木も含めてせっせと焚き火まで運び、細かく切断して炎へと投げ込む作業を手伝った。そうなると梨棚の作業はストップ。予定が押すなか遅くまで皆大変だったと思う。ご苦労さまでした。

    法面工事。

    Location

    山国梨棚豊水幸水園

  • 早朝の虹。

    早朝に虹を見た。細かすぎる霧雨が体にまとわりついてくる。たまたま割れた雨雲から差し込んだ陽射しで短い時間の虹だった。言い伝えによれば幸運の兆しだとか、願い事が叶うなどだったと思うが、梨棚の特に豊水幸水のコンディションはよろしくない。今年の収穫は期待できない結果になりそうだ。今日触った枝も多くが枯れて黒くなっていた。これの対策として来年に使うための待ち枝を、去年より多くとっている。もともと収穫用の枝を多めに下げていた梨棚なので、案外丁度よい枝数になってくれたりしないか、などと考えてみるがそう上手くはいかないだろう。花芽のなかにはもう割れ始めているものもあり、3月の半ば過ぎれば花をどのくらいつけてくれそうか予想できるようになる、とりあえず早く花の咲き具合を知りたいところだ。

    早朝の虹。

    Location

    中津市耶馬溪町

  • 手こずる剪定。

    暖かい日が続いていたために、もう春が来たくらいの気分になっていた。雑草も一斉に伸び始めている。ところが、というかまだ2月なのだ。霜こそ降りてないものの曇りの朝はすごく寒い。太陽さえ見えてくれれば指先が温まって仕事が捗るのだが、天候はこちらの都合など気にしてはくれない。今朝も早くから豊水の剪定に取り掛かり、てきぱきと枝を落としては集めて焚き火へ運んだ。落とした枝のなかには黒く枯れた枝が混ざっているからすぐに燃える。焚き火の熱で指先がじゅうぶんに温まるけれども枯れ枝が多いのは喜べない。本来なら今年頑張って欲しかった枝が駄目になるせいで、今年引退するはずだった枝にもう1年実をつけてもらわないといけない。発育の怪しい枝もそうだ。とにかく短果枝の数を減らさないようまわりからかき集め、手間のかかる剪定を1日中やった。

    手こずる剪定。

    Location

    山国梨棚豊水幸水園

  • アジフライ定食。

    友人から食事の誘いがあり、乗る予定で仕事を進めていたが途中で向こうからキャンセルという不条理。お腹と口はもう外食にセットされているのに、このまま帰路には着けない。ということで梨棚メンバーを誘っていつもの定食屋へ向かった。そこでいつものアジフライと唐揚げ定食を注文。やはり日本の定食は最高だ。あのまま約束のとおり友人とどこへ向かったとしても、ここまでの満足度は得られなかったかもしれない。おまけに安いのだ。アジフライ定食(おかわり自由)750円。ご飯、と言えば山国町の定食屋「農家食堂やまくに」となりつつある。

    アジフライ定食。

    Location

    農家食堂やまくに

  • 流線スタイルの梨棚。

    今日も朝から雨の中剪定を続ける。微妙な降りで、不快ささえ我慢すれば作業はできる。途中、添木が不足したため竹を切りにもっと山の高くへ行く。山国梨団地のいちばん高地には棚メンバーの園がある。いつもそこの広い駐車場に軽トラを停め、それから竹を集めるのだが、今日メンバーはいない。止まない雨を確認したあと確定申告をやると言って山を下ってしまった。メンバーの梨棚は100%流線型の若い園で、3本主枝の園とは見た目がまるで違う。1本の樹幹が釣り竿のように曲げてあり、この主枝1本が本体になる。言い方を変えれば1本主枝と言えなくもない。樹幹の間隔は狭く、大量にそして一列に並べた側枝に梨を実らせる。成園ともなれば収穫量は3本主枝の1.3倍が見込めるらしく果たしてどうなるか。本人は楽しみにしていることだろう。

    流線スタイルの梨棚。

    Location

    山国梨棚流線園

  • 雷雲と雨。

    空を気にしつつ山へ上がる。いつ降り始めてもおかしくないほど辺りは真っ暗、雷も鳴っている。脚立に乗って棚の上へ顔を出すのが怖くさえある。遠雷が次第に近づき、閃光から雷鳴までの間隔が短くなったところでさすがに作業を止めた。保護剤のハケを洗い、ハサミとノコをしまって落とした枝をまとめているところでざーっときたのは運が良かった。すぐ軽トラの運転席へ逃げ込んでエンジンを動かすと強い閃光が走り、怖気付いて慌てて山を下った。山国川の河岸はよく冠水し、いまだ片道通行の工事箇所が残っている。去年の線状降水帯が道を削ったからだが、同じ雨は梨棚の土も削った。意識しないでいると山はいつまでも変わらずそこにあるが、土の上で仕事をするようになると山も川もごく僅かに形を変えているのがよくわかる。それからは天候の変化はたんに作業に影響するだけのものではなくなった。

    雷雲と雨。

    Location

    中津市耶馬溪町

  • 午後は深い霧。

    昼を過ぎてから靄が霧になった。霧はすぐ深くなって山が見えなくなり、ときどきもっと濃い霧が梨棚に流れてくる。明日は終日雨の予報だ。この時期になると日差しがなくとも暖かく、指が動かないということはない。霧深くなっても作業の邪魔をすることはない。ひとつだけ困るのは、枝を見上げるとテクスチャがまったく見えなくなることだ。枝は黒く塗りつぶされた影になり、どこが枯れているのかわからない。切り落とす位置を間違ってしまうこともある。明日の天候の崩れを気にして作業を急いだせいで、落としてはいけない枝にノコを引いてしまったのがずっと気になっている。

    午後は深い霧。

    Location

    山国梨棚豊水幸水園

  • 崩れる空。

    山へ上がる途中、早くも空が崩れてきた。英彦山に真っ黒い雲がかかっている。山国町はまだ日が差しているものの雨雲が流れてくるのは時間の問題だ。昨夜焼き残した枝の束に火をつけ、すぐ剪定に取り掛かった。今日は朝から雨の予報だったから、1、2時間でも枝を切れればそれでよい。結果的にすぐ雨となったが、本降りになるまでしばらく間があり、諦めずに山へ上がってよかった。残った時間は買い出しに充てよう。

    崩れる空。

    Location

    山国町市平

  • 防風ネットの補修。

    剪定の合間に防風ネットの補修をやった。補修といっても破れた穴を縫い合わせる程度の応急処置だ。穴は日増しに大きくなっていくから放置するわけにもいかず、破れて垂れ下がったネットを吊り下げ、穴があれば塞ぐ。地面に立ってやる作業であれば特に苦労することもないのだが、腕の支えがない3mの場所では、これがなかなか怖い。横風に怯えつつ1時間ほどかけ、なんとか間に合わせの補修を終えた。張り替えの時期はとっくに過ぎているネットだが、しばらくこれで耐えるしかない。

    防風ネットの補修。

    Location

    山国梨棚豊水幸水園

  • 枯死した枝。

    暖冬のせいなのか、豊水に枯死した枝が多い。去年新たに伸びた先端から、一昨年に伸びたぶんの半ばあたりまでが黒く枯れている。枯死した枝は毎年一定数あるものだが、今年はかなりやられてしまっている。せっかく短果枝を付けてくれた枝が枯れてしまうのはなんとも悲しい。いつもなら枝ごとそっくり切り落とすのだが、今年はなんとか生き残ったぶんを残し、短果枝をそのまま使うことにした。おかげで剪定に手間がかかってしまい、厳しいスケジュールがこれでまた圧迫されることになる。毎年何かしら問題が発生する梨棚だが、枝の枯死は収穫量に直接影響するため、短果枝と花芽の数を気にしつつ根気よくやるしかない。

    枯死した枝。

    Location

    山国梨棚豊水幸水園

  • 豊水園の黒猫。

    剪定を始める準備をしていると、黒猫がやってきてすぐそばで寝転んだ。隣の豊水園に住み着いている老猫だ。他に2匹の黒猫がいるのだが、こっちの棚に入ってくることはあまりない。重機が苦手でエンジンを始動すると歩き去ってしまう。梨棚がひっそりと静かな冬の間、老猫はこうして日向ぼっこをしているか、ときどき気紛れに寄ってきて餌を欲しがる。猫たちと仲良くしておくのは悪くない。生き物が活発になる春以降、野鳥を追払いときには毒蛇の頭を噛み潰してもくれるのだ。去年は頭の潰れたヤマカガシの死体が梨棚の地面に転がっていた。のんびりゆっくりとした動作でいかにも老猫といった雰囲気なのだが、やはり野生の猫なのだ。

    豊水園の黒猫。

    Location

    山国梨棚豊水幸水園

  • 水道ポンプの過稼働。

    地下水を汲み上げているポンプの調子がおかしい。いや、ポンプではなく漏水しているのかもしれない。朝早くから山国の梨農家が集まり、原因を突き止めようと山の頂上近くにある貯水槽から汲み上げポンプまで点検をやった。なにしろ何十年と経過した古いインフラだから全体が老朽化しており、不具合を疑う箇所も全体に及ぶのだ。貴重な半日を費やしても、不具合の特定には至らなかった。このままポンプの過稼働が続けば電気代が大変なことになる。早急に手を打たなければならないのだが、どうなることやら。

    水道ポンプの過稼働。

    Location

    山国町梨組合水道設備

  • 豊水の剪定開始。

    2日前から豊水の剪定をスタートした。出来れば2月初日から始められるとよいのだが、ここまで伸びてしまった。それでも去年より2日早い開始だ。ほとんど言い訳にしかならないとはいえ、この時間が花摘みと開葯に取られる時間で虎の子の2日間になるかもしれない。それにしても日当たりのよい豊水幸水園と日当たりの良くない新高園とでは、これほど雑草の伸びに違いがあるのかと思い知らされる。今日のような暖かさが続き、雨が適度に降ってしまうと4月にはかなり伸びてしまうだろう。今年は寒気が降りにくい暖冬らしく、予定に追われるなか雑務も増えそうだ。

    豊水の剪定開始。

    Location

    山国梨棚豊水幸水園

  • お米が尽きてしまう。

    食料の買い出しに中津市街へ向かった。いつもはもっと手前の町の商施設で買い物を済ませるのだが、安い家具を見たくて遠い海岸通りまで足を伸ばした。店舗は空いているだろうと踏んで駐車場に乗り込んだところ、けっこう埋まっている。どうやら今日は祝日らしい。農業をやっているとカレンダーのイベントが頭から飛ぶ。なんなら週末さえ曖昧だ。土日や祝日関係なく山へ上がるため、思わず混雑に突っ込んでいくことはままある。車を停めるか悩んだ挙句そのまま引き返し、普段は利用しないスーパーで食料品を買い込んだ。途中、中津城へ寄って車内で一服。ここから自宅までは結構な距離がある。たぶん到着時は暗くなっているだろう。

    お米が尽きてしまう。

    Location

    中津市中津城

  • 座るということ。

    剪定の合間に煙草を喫っていると、日田市の師匠から梨棚で喫煙するときは木の下に座れとおそわった。座ると必ず空を見上げ、剪定済みの枝や、これから剪定する枝を見ることになるからだ。これはまったくその通りで、誘引間隔の狭すぎた枝や、これから手を入れる枝をどんな風に切るか決めてしまえる。立ち上がってすぐ手が動くし、保護剤の塗布漏れがあれば即対応できるという点もよい。足場として使っているビールケースは乗っても座っても使い勝手がよく、他所の梨棚でもよく見られる農具だ。酒屋から購入できるようだが、もうひとつの足場を求めるとすればステンレスの取手付きがよく、これはこれで刃物金物の移動販売になかなか出会えない。

    座るということ。

    Location

    山国梨棚豊水幸水園

  • 真玉海岸。

    用があって仕事を早めに切り上げ、中津市街地へ向かった。その後宇佐市の真玉海岸へ。このところ働き詰めで何処かへふらっと出かけるようなことはなかった。用事のついでに足を伸ばしてみたわけだ。海岸の気温は11℃。特に何かがあるわけではなく、食事できるようなところもない。気温がいくぶん高いせいか海岸には人影があり、自販機の並んだ海岸駐車場で動画を撮影している若い女性もいた。海が見渡せる石段に腰掛けていると、すぐに日が傾いて山に隠れ、あたりが薄暗くなった。疲れに来たようなものだ。車の窓を閉じて磯の香りを遮断し、帰路に着いく前に辺りを見ると最後まで残っているのは自分ひとりだけだった。

    真玉海岸。

    Location

    宇佐市真玉海岸

  • 弱る花粉樹。

    あとひと月もすれば花摘みのために花芽の変化を気にするようになるだろう。去年は3月の末に花粉樹が開花した。今年の開花がどうなるか判らないけれど、タイミングをしっかり合わせ、開花直前の花摘みを頑張らないといけない。というのも今年から中国産の花粉が使用禁止となったからだ。なんでも梨の木を枯らしてしまう火傷病が確認されたらしい。中国産がダメならネパール産の花粉があるようだが、これは求めようがない。ネパール産花粉を扱う業者を聞いたことがないし、輸入花粉に抵抗を感じる農家もあるだろう。そんなわけで小さい花粉樹から取れる花粉と豊水の花粉でなんとか全体を賄うことになりそうだ。新高園の花粉樹は樹勢が弱く、今年は枯れた枝も多い。どうなるか不安ではある。

    弱る花粉樹。

    Location

    山国梨棚新高園

  • 止まない雨。

    予報では連日の雨は今日まで。明日から晴れ間が戻ってくる。今日も朝から細い雨が降っては止みの繰り返しだった。地面はますますぬかるんであちこちで滑る。特に根が露出しているところはステンレス製の軽いキャリーですら車輪が流される。新高園に隣接した水田は雨水が抜けずに沼になりつつある。そろそろ太陽が出てくれないと、何もかもが湿って不快なことこの上ない。誘引のためのナイロン紐まで手袋の泥が付着して汚く見えるのだ。明日こそ予報が正確であってほしい。

    止まない雨。

    Location

    山国梨棚新高園

  • 梨棚から上がる煙。

    草刈りの必要のない今の時期、山の斜面から上がる狼煙はだいたい梨棚だ。剪定で切り落とした枝は、焼却炉なり焚き火なりで焼き払うことが許されているから、梨棚で焼くのだ。山国梨団地ではドラム缶を半分に切って炉にしていることが多い。園の外に運び出して地面で焼く農家は少数派。ドラム缶を使う理由は梨棚の地面をひきずって移動できるからだ。火が近ければすぐ暖まれるというのもある。今日は夕方近くになって雨に降られた。雨雲が濃くなっていくと同時に農具を片付け山を下ると、梨棚から数本の狼煙が上がっている。日没近くまで粘るつもりなのだろう。

    梨棚から上がる煙。

    Location

    山国梨団地

  • 終日雨と靄。

    終日雨。いいかげんうんざりだが、まだ晴れ間が見えない日が続く予報だ。雨さえ降らなければ作業は出来る。出来るけれどもやはりすっきり晴れた空の下で働きたい。長靴には常に泥が付着し、足場に腰を降ろせば尻が濡れる。濡れた枝のせいで手袋が湿って熱を奪われ、動きが鈍る。あと少しで終わる剪定が長引くだけ長引いている。こうなるともう成るように成るだろう的な気分に陥るけれど、3月の終わりには花が咲くのだ。明日は曇りでようやく雨雲が去る。剪定を急ぎたい。

    終日雨と靄。

    Location

    山国町市平

  • 苔に残る雨。

    被写体にレンズを向けるとき、肉眼に映る景色とストレージに保存される画像の差にがっかりすることはよくある。作業を阻害する荒天であっても、鹿やムジナのような害獣であっても目には美しく映るため、ついスマホのアプリを起動したくなる。ところが保存された画像には現実だけが切り取られている。今日も厚く暗い曇り空の下で、老木の剪定をやった。樹皮はびっしりと苔に覆われていつ枯死してもおかしくない。苔の長く伸びた胞子体には昨夜の雨が水滴になって残っている。目には美しく幻想的だけれど、画像にはやはり寂しい古木と苔が映っている。

    苔に残る雨。

    Location

    山国梨棚新高園

  • 新高園のぬかるみ。

    空がずっと重い。日が差し込んでもすぐに雨が降るから梨棚の土がぬかるんでいる。新高園は傾斜地の一番低いところに入り口があり、雨で流れた堆肥、そして雨水が流れて貯まるため、ぬかるみが特に酷い。おそらく1週間連続で晴天が続かないかぎり土は乾かないだろう。一輪車を押して切り落とした枝を焚き火に運ぶのだけど、ぬかるみに足を取られて何度か転びそうになった。ここで尻を着いたら最悪だ。空気の抜けかけた一輪車のタイヤは、枝でいっぱいのコンテナを余計に不安定にする。長靴は足首のあたりまで重い泥が張り付いて、その旅に排水路で洗らわなければならなかった。

    新高園のぬかるみ。

    Location

    山国梨棚新高園

  • 重い雨雲と熟練農夫。

    午前中は霧が深く、山へ上がるか悩んだが行ってよかった。雨は弱く、靄も薄い。梨棚上空の雨雲は厚く夕方のように暗かったものの農作業に支障が出るほどではなかった。午後遅くに再び雨が降ったので退散。残りの時間を山国梨部会の熟練農夫と雑談をして過ごした。熟練農夫は広い面積の梨棚を管理しており、なのに剪定がもう終わりつつある。単純計算で倍速か、それ以上の作業スピードだ。あと何年やればこの効率が身につくのか判らない。あるいは身につかないのかもしれないが、だからといって後にも引けない。明日も山へ上がって黙々と剪定を続けるばかりだ。

    重い雨雲と熟練農夫。

    Location

    中津市耶馬溪町

  • 天気は下り坂。

    また雨。数日の晴れ間と雨が交互に入れ替わる天気が続いている。地面は乾く暇がなく、新高園の入り口は泥化して一輪車の車輪が沈む。気温が10℃前後で安定しているのが救いだが、雨が本格的に降り出すとどうしようもない。今日も午前中は仕事ができたが午後は諦めた。予報では明日も雨。去年より少し早く剪定が終わる予定でいたのに、このままではどうなるか判らなくなってきた。

    天気は下り坂。

    Location

    山国町市平

  • 1年目の短果枝。

    1年目の短果枝。花芽を付けた徒長枝を傾斜させ、1年が経過すると短い枝が花芽の下から伸びてくる。台座の付いた花芽が短果枝だ。準備期間を含めると2年が経過している。花芽の数は1つから3つほど。枝に対して螺旋を描くように配置される様子が見て取れる。これが3年4年と経過すると短果枝が重なって成長するため、だんだんと煩雑になって調整に手間がかかるようになる。短果枝が綺麗に並んだ枝は誘引もやりやすく、見た目も綺麗だ。常に綺麗な短果枝が並んでくれれば作業も楽だが、なかなかそうはいかない。そのまま強く徒長してしまったり、まったく成長してくれなかったりと、梨の枝は気まぐれだ。

    1年目の短果枝。

    Location

    山国梨棚新高園